FC2ブログ

葬儀を終えて

2009.07.18 19:25|hito言
しばらく3日ぶりかな?ブログです。明日明後日は事前にご注文頂いた配達のみの

  営業で基本的にお店は連休ですよ。(結構配達あるのでお店にもかなりいますので空いてる

  場合はお気軽に!)


  前回のブログで婆ちゃんが亡くなった事を書きましたが、昨日無事に葬儀も終わり

  早いもので20日が初七日です。

  
  仕事も最近、暇モードだったのに婆ちゃん亡くなった日から忙しくなかなか大変な日々でした。

  喪主を務めた爺ちゃんも高齢で93歳、体も不自由な状態

  施主の父さんも腹水を溜めて歩くのもままならない状態の我が家で、僕は葬儀に詳しいので

  全てを取り仕切る役を母さんから託されていた。

  婆ちゃんにも生前めちゃくちゃ可愛がってもらっていたので、最後に婆ちゃんのために

  僕ができる事はなんでも引き受けようと何から何までやっていた数日間でした。

  葬儀はやはり色々と遺族のやる事も多い

  
  親族の人数はどれぐらいか?   婆ちゃんの死亡届け作り   朝昼晩の食事の数

  遺影写真はどれが良いか?  焼香の順番  弔電の順番  火葬場に行く方の数

  式場に泊まる人の確認  供物の手配・集金  お坊さんへの連絡 などなど

  まだまだいっぱいある


  仕事の合間を見ては実家に帰り、みんなに電話をかけ、夜は会社の仕事

  
  そしてやはり僕はもともと祭壇職人、婆ちゃんの祭壇の花飾りは僕の手で活けましたよ

  仕事と打ち合わせが終わった夜9時過ぎから一人斎場で明日のお通夜を

  僕達家族の最高の形にするために用意されたお花を眺め、デザインを考え

  僕のお店の花も持ってきて婆ちゃんが天国で幸せに過ごせるように心を込めて何時間もかけて

  制作しました。


  僕の婆ちゃんは本当に自分のためじゃなく、家族や周りの人をいつも心配し助けてくれる

  優しい人でした。戦争で片手を失った爺ちゃんの面倒を見て、心霊診療治療師として多くの

  人々を助け・・・

  僕も小さい頃はよく甘えて婆ちゃんと一緒でした。いつも友達と遊びに行く時には僕の

  ポケットに何も言わずティッシュに小銭を包んで入れてくれてました。

  やんちゃな僕が怪我して家に帰るといつも婆ちゃんが直るようにと色々としてくれました。

  17で家を出た僕、婆ちゃんはいつも心配して寂しい思いをさせていたと思います

  96歳で亡くなりましたが、数年前までは病気一つしない元気な人でした。

  天国で見守ってくれてると思いますので、婆ちゃんに一生懸命な姿を見せて心配させない

  ような生き方をしていける様に僕もこれからも頑張ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
誰にも言わずひっそりと葬儀を行うつもりでしたが、新聞を見てきてくれた友人や
関係者の皆様には本当にお礼の気持ちです。ありがとうございました。

僕が6年ぶりに活けた祭壇の一部です。天国で幸せに過ごせるように・・・
白の枝に雲のようなデザイン、婆ちゃんの好きだった紫の色をタワーを作って活け込んだり、
手作りで家族の絆をパネルにしてお花で飾ったり、お棺の中には手紙やカワイイ実物が好きだったので姫りんごもいっぱい入れました。

画像 3110
画像 3112
画像 3111
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

kawayasu

Author:kawayasu
札幌の花屋・・香彩.
ひとつひとつのお花にココロを込めて
気持ちを贈るお手伝い!お花ってスゴイよ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク