なに時代

2016.05.17 06:36|hito言
家の前に車を止めたが何やら邪魔になるらしく、

後でずらしておくからと良いよと隣の人が何故か言う。

街は人で溢れ、良く見ると大きな透明な箱にお米と水が入っている。

本当に巨大な「それ」は街の中心に置かれ、「それ」を囲むように商店などが並んでいた。

そんな街を歩いていると、放送が急に流れた

今から各家庭で使用しているお米の品種を調査員が見て回りますと!

どういう事?

中心部に歩いていくと「それ」の中に人も入っていて、お米と大勢の人間が混ざり合い

なにやらお祭りのような雰囲気。みんな何故か「それ」の中に入りたがり押し合いが始まっている

あちこちで渋滞も起こりだし、怒号が響く

何で各家庭のお米の品種を発表しなくちゃいけないのさと怒るマダム

うちは何だ!何の品種だと問い詰める細身の男性

回るプールのようにお米と水、そして人々が流れだした。

いつの間にか僕も流され、、気が付くと夜の街

中華街が並び、黄色の照明が街を照らしていた。

何やら?こちらもお祭りらしい。

オタマにアイスを乗せた若者達がウロウロしている

すれ違った瞬間!いきなりそのオタマをひっくり返して溶けたアイスをかけてきた!

うまくかわしたけど、何?こんな奴らがウヨウヨいるぜ。

足元のスープにアイスを混ぜてかけてくるタイプもいる!

バケツに入れてくるタイプも登場!

吹き矢の先にピノアイスをつけて狙っている奴もいる!

夜が明けるまでが、この祭りの制限時間。

僕は友達と二人で俺たちもオタマでアイスを、スープにつけて!

誰かにかけてやろうと思っていたら、すぐに夜明け・・・・目が覚めた。


そうさ夢の話し。

さっきの夢。久々にアホのような夢を見た。頭の中って不思議です。

今日もアイデアとユーモアで頑張ります!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kawayasu

Author:kawayasu
札幌の花屋・・香彩.
ひとつひとつのお花にココロを込めて
気持ちを贈るお手伝い!お花ってスゴイよ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク